アトピーの基本的な対策方法

アトピー性皮膚炎は、痒みや肌のただれなどでとても苦痛ですし、なかなか完治せずに繰り返すという厄介な特徴を持っているアレルギーのひとつです。

アトピーの症状を悪化させてしまわないためにも、緩和や改善に向けるためにもしっかりと対策することが大切なんです。

食生活や生活習慣がとても深く関わっていることはご存知でしょうか。

普段の生活の中にもアトピーを症状を悪化させてしまう原因がたくさんあるんです。

そして、食生活や生活習慣を正しくするだけでも緩和・完治できることも多くあります。

もしも、アトピーの症状を悪化させるような食生活や生活習慣を送ってしまっているのであれば、緩和や完治のためにもしっかり見直し正すことを心がけてみましょう。

【食生活と生活習慣を見直してみましょう】

「水」

お風呂に入ると痒みが増す、という方は水道水に注意が必要です。
水道水に含まれている塩素がアレルゲン物質となってしまう可能性があります。

「お風呂」

アトピー性皮膚炎の方は常に肌を清潔に保つことが大切なのですが
肌がとてもデリケートで刺激に弱いため、泡で優しく肌を洗うようにしましょう。
スポンジやタオルなどでゴシゴシと力を入れて洗うのは良くありません。

「スキンケア」

アトピーでも使える保湿クリーム・美容液

肌を清潔に保つことを心がけましょう。
お風呂でキレイにすることも大切ですが、その後の肌のスキンケアも丁寧に行ないましょう。

「脂質・野菜・海草」

動物性タンパク質や脂質の摂りすぎに注意しましょう。
野菜は無農薬ものをオススメします。
野菜と海草を積極的に食べるようにしましょう。

「お菓子」

アトピーでも使える保湿クリーム・美容液

糖質の摂りすぎに注意し、加工されたものやスナック菓子は控えましょう。

「無添加」

肌に使用するものは無添加のものを選ぶようにしましょう。
化粧品、シャンプー、ボディーソープ、歯磨き粉などです。

「生活習慣を正しましょう」

睡眠不足は自律神経のバランスを崩してしまいます。
しっかりと睡眠を取るようにしましょう。
また、ストレスの溜めすぎも注意が必要です。

「薬」

痒みや肌のただれなど苦痛な症状を伴うアトピー性皮膚炎ですが
ステロイド剤や薬に頼り過ぎないということが大切です。