腸内環境を整えてアトピーを治す?

アトピーでも使える保湿クリーム・美容液

最近では、アトピー性皮膚炎と腸内環境の関係が注目されているのですが、腸内環境の悪化がアトピー性皮膚炎を引き起こしたり、症状を悪化させているらしいのです。

また、腸内環境を整えたことによってアトピー性皮膚炎の症状が和らいだり、完治したという方も多く出てきているんです。

アトピー性皮膚炎は、通常でれば乳幼児のころから症状が出始めるものなのですが、大人になってからアトピーの痒みに悩む方も増えてきています。

成人を過ぎてからのアトピーは、環境の変化による原因がほとんどです。

食生活や生活習慣を見直さなければなりません。

【アトピー性皮膚炎と腸内環境】

最近注目されているアトピー性皮膚炎の治療方法が腸内環境を整えるというものです。
これまで、抗アレルギー薬やステロイド剤などを使用してきた方も多いのではないでしょうか。

腸内環境を整えるだけでアトピーの苦しみから解放されるかもしれないのです。
ステロイド剤で治療を行なう場合、確かに一時的な効果はあります。
かゆみや湿疹を抑えることができるからです。

しかし、アトピー性皮膚炎の根本的な治療にはなりません。

完治はされていないということなので痒みや症状は繰り返されるのです。

腸内環境を整えることでアトピーの症状を緩和・完治させるというのは、アレルギーと腸内環境に深い関係があるからです。

アトピー性皮膚炎の方の多くは、善玉菌が少なく、悪玉菌が多いことがわかっています。腸内に悪玉菌が多いことで有害物質が作られやすくなり、腸の粘膜を刺激し炎症を引き起こしてしまいます。

炎症を引き起こした部分から有害物質が入り込み、アレルギーを引き起こします。

これらもアトピー性皮膚炎の症状を引き起こしたり悪化させたりしているのです。

 

【腸内環境を整えましょう】

アトピーでも使える保湿クリーム・美容液

腸内環境を整え、悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすことで、アレルギーの症状を抑えることができ、アトピー性皮膚炎の症状の緩和や完治にも効果的です。

動物性タンパク質や脂肪分の摂りすぎにより悪玉菌が増える方が多くみられます。
乱れた食生活に原因があるのです。

まずは、乱れた食生活を改善することが大切です。

善玉菌を増やすためにはヨーグルトや納豆や味噌などの発酵食品が効果的なのですが
まずはしっかりと食生活を整えることから始めましょう。